遺伝子編集技術CRISPRのエラーが機械学習で予測できるように

8pt   2018-01-14 08:00
ギズモード・ジャパン

エイズをも治療できるかもしれない遺伝子編集技術「CRISPR」ですが、エラーを起こす「オフターゲット効果」という弱点が存在します。Microsoftらは機械学習技術を活用することで、そのエラーを予測できるツール「Elevation」を開発しました。
   ガジェットアンテナトップページへ
コンピュータ・ガジェットの話題が沢山。